動脈硬化の改善方法~動脈硬化に効くサプリメントは?

動脈硬化の原因や症状

動脈硬化とは一体、どういった病気なのか、病名自体は見聞きしたことがあっても、具体的にはよくわからないという人もいるのではないでしょうか。
ここでは、この病気の特徴を簡単にわかりやすくまとめていますので、疑問に感じている人はチェックしてみてください。

■動脈硬化とはどういう病気なのか

まず、動脈は体中に酸素や栄養成分を運搬する役目を担っています。
この動脈の血管には壁がありますが、ここが老化現象により弾力性を失って硬くなるほか、血管の内側に汚れが沈着して血液の流れが悪化し、詰まりやすい状態になっているのが動脈硬化です。
動脈の傷み具合がひどくなる年齢は40代以降といわれています。

■どのような症状が起こるのか

仮に動脈硬化になっていたとしても、自分ではっきり認識できるような自覚症状が起こらないのが厄介なところです。
そのため、知らず知らずのうちに病状が悪化してしまいやすいのが特徴です。
また、動脈効果は適切な対処をしないでいると、心筋梗塞、狭心症といった心臓病、脳卒中などの脳の病気、閉塞性動脈硬化症といった足の病気、大動脈瘤、大動脈解離といった大動脈の病気を引き起こしてしまいます。
なお、これら動脈硬化が原因となって引き起こされる病気のことを、動脈硬化性疾患と呼んでいます。

■原因はなんなのか

動脈硬化は老化現象でもありますが、生活習慣とも関わりが深いといわれています。
食事が不規則、栄養バランスが悪い、暴飲暴食をする、体を動かす習慣がない、お酒やタバコを好んで摂っている、寝不足が続いている、ストレスが溜まっている人は、動脈硬化が進行しやすいため注意が必要です。
とくに食事は動脈硬化との関係性が濃く、動物性脂肪を多く摂っている人は血液のなかに含まれる中性脂肪や悪玉コレステロールが増加し、過酸化脂質が多くなる傾向があります。
これが血管の壁に付着し、血管の詰まりや破れを招いてしまうリスクを増大させるのです。

動脈硬化対策・改善方法

自覚症状に乏しく、心臓や脳など命を脅かす病気の原因になる動脈硬化。
老化現象の一種としても知られていますが、生活習慣と深い繋がりがあり、若い頃から気をつけていなければ悪化しやすくなってしまいます。
少しでも早いタイミングで適切な対策をし、予防に努めることが大切です。
基本的な対策や改善方法を紹介しますので、参考にして実践していただければ幸いです。

■食事

動脈硬化を未然に防ぐためには、栄養バランスの取れた食事を規則正しく、腹八分目を意識してよく噛んで食べることが大切です。
動物性脂肪を多く含む食品は摂り過ぎないようにし、塩分の摂り過ぎは血圧を高め動脈硬化を悪化させるため、量を調整する必要があります。
また、お酒を好んで摂る人は、適量摂取にするのが動脈硬化予防に効果的です。

■運動

とりわけジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動は血管が拡張しやすくなり、血液の流れがスムーズになります。
これにより血管が損傷しにくくなって、動脈硬化の予防につながるのです。
また、肥満は動脈硬化のおもな原因のなかに含まれますので、運動をおこなってダイエットに励むのもよいでしょう。

■睡眠

寝不足の状態が続いていると血管の健康に悪影響を及ぼします。
そのため、動脈硬化になりたくない人はしっかりと睡眠時間を確保することが大切です。

■喫煙

タバコを吸っていると血管が収縮し、動脈硬化を引き起こしやすく、悪化しやすくしてしまいます。
禁煙に取り組むことで、動脈硬化の予防効果が期待できるのです。

■ストレス

ストレスは血圧を高め、動脈硬化を招いてしまう原因になります。
したがって、趣味に没頭したり、リラックスする時間を積極的に設けて、ストレスを放置したり溜め込まないようにしましょう。

■検査

動脈硬化はこれといった症状を自覚することがないため、自分で病状を把握することができません。
したがって、定期的に検査を受けることで、自分の血管の状態を知り、さらなる対策や予防に役立てるようにしましょう。

■動脈硬化に効く成分は?

動脈硬化に効く成分はDHA&EPA、ナットウキナーゼ、ビタミンE、オレイン酸、タウリン、食物繊維、カルシウム、γ-リノレン酸などがあります。中でも最も効果的と言われているのがDHA&EPAです。

DHA&EPAは摂取する事で悪玉コレステロールを減少させたり、血小板凝集を防止する事ができると分かっています。特に血中の血小板凝集を防止効果、血栓を溶解させる効果、血管を広げる効果があるEPAが有効ですが、DHAはコレステロール値を低下させてくれますので、片方だけではなく両方を同時に摂取するのが最も効果的な改善方法です。

厚生労働省では1日1000mg摂取する事が望ましい。という事を言っています。

青魚に多く含まれているので、食事からもとれますが毎日継続的に1000mgを取るとなると難しいので、サプリメントを利用するのが手っ取り早い改善法です。DHA&EPAが一緒になったサプリもあるので、是非検討してみてください。

↑ PAGE TOP